顔の産毛用脱毛クリームの使い方と注意点

顔の産毛用脱毛クリームの使い方と注意点

顔の産毛脱毛クリームや除毛クリームと呼ばれるものを使用したことがありますか?ひょっとしたら腕や脚、脇ですでに脱毛クリームを使ったことがある人もいるかもしれませんね。正確には脱毛というよりは、毛を皮膚のぎりぎりのところで切り取るので除毛なのです。顔の産毛脱毛クリームも要領は同じです。

 

なぜ除毛クリームは、皮膚すれすれのところで毛を除毛できるのかと言えば、毛のタンパク質であるケラチンを分解する薬剤が入っており、それを一定時間肌に乗せることで、毛のたんぱく質を溶かして除毛すると言われるクリームです。だから、いくら顔の産毛脱毛クリームと書かれてあっても副作用が気になりますよね。鼻の下やあご、フェイスラインだけをさしているのか、本当に顔全体の顔の産毛脱毛用なのかも違うような気がしませんか?

 

除毛・脱毛クリームは簡単にムダ毛の処理する方法として女性男性問わず人気のアイテムなのですが、特有のツンとしたにおいに、きつい薬剤が入っていることが想像できますよね。

 

除毛・脱毛クリームは使い方によって、効果が様々なので適切な用法で使っていくようにしましょう。最近、男性でもムダ毛の処理で除毛・脱毛クリームを使う人が増えてきていますが、ヒゲにも使う男性もいるとか。その効果はどのようなものでしょうか?

 

産毛処理の方法はいろいろとあるのですが、ここ最近になって有名になってきているのが除毛・脱毛クリームになります。有名になってきているけれども実際に利用したことがない方にとってこの除毛・脱毛クリームはどのように脱毛をしてくれるのかが疑問になります。

 

ではこの除毛・脱毛クリームはどのようにして毛の処理をしてくれるのでしょうか。除毛・脱毛クリームは生えている毛をアルカリ性の化学物質によって溶かしてから引きちぎるようにしています。

 

溶かしているだけなのでもちろん脱毛をしているわけではありません。だから、すぐに毛が生えてきますので、脱毛よりもカミソリで処理をするのと方法が似ています。でも、毛を溶かす薬剤が入っている顔の産毛脱毛用クリームを肌に塗るのですから、肌の上にあるタンパク質も少しは溶けると思いませんか?

 

まったくデメリットがないことはありません。恐らく使う頻度にもよるのでしょうが、お肌のバリア機能を薄くしてしまう可能性があることは覚えておいてくださいね。では、除毛・脱毛クリームの効果的な使い方はどうすればいいのでしょうか?

 

顔の産毛を処理した後はたっぷり保湿をして、肌をふっくらさせてあげること。このクリームで脱毛した後には、肌に刺激のある紫外線を浴びるや、顔剃りなどをしないこと。です。せっかくカミソリや電気シェーバーと違って、摩擦なくできるクリームですから、その特徴を生かすようにしましょう。

 

⇒顔の産毛用クリームがあるって知ってましたか?