女性のヒゲが生えない方法

女性のヒゲが生えない方法

女性でヒゲが生えていない人はいません。
だから生えない方法というのは恐らくないと思います。

 

しかも女性はヒゲが生えて始めて「なんとかしないと!」となりますから、予防法=生えない方法というのは、今のところはないと思います。
もちろん子供の頃からホルモンバランスを整えて、ヒゲが生えないように、ストレスを溜めない、イソフラボン含有食品を多く摂取する。

 

といったヒゲがなるべく生えない生活法はあると思います。女性でも実践している人はいるのではないでしょうか?
しかしながら、絶対に最初からヒゲが生えない女性というのはいないと思います。

 

口の下に生えるヒゲは、女性の場合ヒゲと言っていいのかどうか分かりませんが、ヒゲはけっこう生えるものです。

 

美しい女性が鼻の下に産毛がぎっしり生えている、というのはあまり見ていて美しいとは思えません。
同姓なら尚恥ずかしい「処理したらいいのに!」って思うかもしれません。男性だってひいてしまいます。

 

男性は毎日ヒゲ剃りをしますが、女性は毎日ヒゲ剃りをする人は少ないでしょう。

 

でも、こまめにケアをしないと、黒い毛が口の周りに生えてきてしまいます。肌はデリケートですから、注意して剃らないと鼻の下が赤くなったり、ひげより余計に目立ってしまったりします。

 

一番手軽で肌に負担がないのは、電器シェーバーで剃ることです。

 

カミソリで剃るときには、いきなり肌にカミソリの刃を当てますが、電器シェーバーなら、産毛やひげを立たせてぎりぎりのところでカットしてくれます。
つまり、安全カミソリよりはましということです。剃り終えたら、抑毛クリームなどを塗りましょう。

 

抑毛効果のあるクリームやローションはたくさん発売されていますので、できれば顔専用のものを使うようにしてください。これらの抑毛ケア製品には、女性のヒゲを抑える大豆イソフラボンなどが配合されています。

 

顔も大丈夫という(腕や脚用だけど)商品はデリケートなお肌になる可能性がありますので、気をつけてくださいね。ヒゲを剃るのは肌に負担をかけることでもあります。

 

 

疲れているときや生理のときは肌が敏感になっていますので、できるだけ控えた方がいいでしょう。女性ホルモンの働きに似たイソフラボンを摂取するのも、ヒゲの予防につながります。納豆や豆腐、味噌などの大豆製品を積極的に食べるようにしましょう。

 

あとは、確実にケアしたい、もう処理したくない、試行錯誤は嫌だという人は美容外科(クリニック)に行くことをおススメします。医師免許を持ったプロの皮膚科がいますから、安心・安全で処理も治療などの医療行為もしてくれます。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?